研究ノート


1.HPV(子宮頸がん予防)ワクチンに関してデータを元にした検討
 厚労省の発表したHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)であるサーバリックスおよびガーダシルの重篤な副反応報告件数と、摂取しない場合の子宮頸がん罹患率を、同じ10万人あたりの数値で比較した。その結果、34歳以下ではワクチンを摂取しない場合の子宮頸がんの罹患率よりも、ワクチンを摂取したことで発生する重篤な副反応の報告件数の割合のほうが上回るであろう事がわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*