C85新刊『女装と思想』Vol.2詳細情報


新刊の詳細情報です

2013年12月31日、コミックマーケット3日目(火曜日)
場所は 西ま27b テクノコスプレ研究会

『女装と思想 Vol. 2』 
コミックマーケット85にて頒布 62頁 オフセット製本
(午前に売り切れた反省から、前回よりも多めに作りましたが、そこまで多くはありません… 実物はモノクロです)
josoushisou02h1


目次

特別対談「表現者・研究者としての異性装 ――我が目線を自分に反転する行為――」
by 日本大学芸術学部文芸学科准教授アミッドP、国立大学教員くとの、あしやまひろこ

-文筆家、大学教員としてはもとより、アミッドスクリーン開発者として、一般(とくに初音ミク界隈)にも広く知られるアミッドP。実は女装との意外な接点があった。今明かされるアミッドPの創作の原点、それは女装と深く関わっていたのである。アミッドP曰く「やっぱり最近のネットスラング的に言うと“美少女になりたい人生だった”みたいな(笑)」。

「女装コスプレで就職内定した身として」「公開!これがひろこちゃんのESだ!」
-女装は就活の強みとなるのか? 上場企業の役員面接に女装コスプレで挑んだ本人が明かす、就活秘話。そして、初公開となるエントリーシートの数々。女装者もそうでなくても、就活生、ビジネスパーソン必見。
by あしやまひろこ(筑波大学)

対談「アート・自己表現と女装」
-アート、表現の場における女装の意味とは? 女装をいかに戦略的に使い、あるいはセルフプロデュースにつなげるか。女装する動機とは。
by 水の人美(性癖コレクター) × あしやまひろこ

「「男の娘」の虚構「女装少年」の現実」
-男の娘、女装少年は何が違うのか。これは虚構を描く作品だからこそ、むしろ問われる問題である。女装関係の作品に精通した解説。
by あおみかん(エンジニア)

対談「筑波大はなぜ女装の聖地となったのか?」
-日本三大女装大学の一つ(?)、筑波大学の歴史を紐解く。最近のTwitter文化はもとより、筑波の地理的、文化的背景を分析すると、都内の大学とはおそらくちがった特徴が見えてきた。
by あおみかん × くとの × あしやまひろこ

「「女装」とデコまんについての雑感」
-男性の手から女性自身を取り戻す営為。それは女装とは相反する行為なのかもしれない。
by ろくでなし子(デコまん作家、まんコラムニスト)

「装うことと作ること」
-クリエーションとしての装い、そして創作の思想。分化する前の状態へと、初源の世界へと還ることができなくても、「装い」「作る」ことによって、世界は本来の輝きを取り戻すに違いない。
by くとの(博士(文学)、某国立大学教員)

編集委員:あしやまひろこ(編集長)、寝声、くとの

また、おまけとしまして
・ひろこちゃんブロマイド 水着女装、ビキニ女装 だよ!


・「モヤットスクリーン」、「天使の質量」その思想的背景及び、システム解説も頒布致します。

既刊の紹介はこちら

筑波大学松美池に現れたスワンボート「博士号」の真相


先日突如として筑波大学第一エリア、松美池上に現れたスワンボート「博士号」(※船内にあった取り扱い説明書には「アヒルボート」と書かれている)。当初、大学関係機関が設置したものかなどと話題になったが、学生生活課のK職員に事情を確認すると、実際は在学生が無許可で設置していたことが明らかとなった。

スワンボート「博士号」は2013年10月15日午前2時に、大学へ事前連絡無く松美池上に搬入された。設置者の所属や連絡先の記載はなかった。学生生活課は当初、校章や「IMAGINE THE FUTURE.」のロゴ、「新型水質浄化装置実験中」等のステッカーから、学内研究機関の物品ではないかと考え、生命環境科学研究科やT-ACT事務室をはじめ各所に確認を行ったが、学内の施設はすべて関与していないとの事だった。所有者、設置者が不明であるため、学生生活課をはじめ、大学職員は事態を見守りながら学生の安全を考慮して、ボートへの乗船を控えるように注意喚起を行うなど、監視をすることとなった。また、yutaka_53氏は、10月11日に、3F棟付近にてスワンボート専門業者がスワンボートを学内に搬入している様子を目撃したという。

その間もTwitter等のSNSで「博士号」は拡散されていった。16日は大型台風の影響で大学の授業は全面休講となったものの、各事務室、学生生活課職員は出勤しており、「博士号」の常時監視を行うこととなる。16日は一日中、学生が何人も乗船を試みることとなり、大学職員がその都度注意を行い、乗船を控えさせる事態となった。その模様の一部は、こちらのサイトにまとめられている。上記まとめにて、乗船を試みるも大学職員に中断させられたというayatsuji_uchu氏に取材をした所どこかの研究室が設置したものであると誤解していたという。

16日夜には「博士号」を放置した在学生が学生生活課を訪れて状況を説明した。「博士号」を設置した学生はSNS等で、乗船を試みる学生が注意されていたり、大学職員が困惑している様子を把握した為に訪れたのだという。学生生活課によると、設置した者は在学生であり、学内規則を熟知しており、路上に物品を放置することは禁止されているが、水上に関する規定が無いことを理由に設置したという。また、スワンボートを設置することによって、松美池に注目を集め、松美池の環境向上を期待したのだという。ちなみに、「博士号」には実際の水質浄化能力はないそうだ。学生生活課は設置した学生に対して、乗船した学生の安全上の問題と、敷地内に無許可で物品を放置してはならないという判断から、即時乗船が不可能になるように対策を講じるように求めた。そのため、設置者自らの手で、16日夜には、養生テープと立入禁止の張り紙により、乗船を控えさせる状況となった。また、学生生活課は設置した学生に「博士号」の撤去を求めている。

(本ブログ管理者より)
学生の自主的行動によって、大学を盛り上げようとする気持ちは理解できるが、容易に移動できず、管理や安全等の問題の発生する物品を、あたかも大学公式の物品のように装って誤解を招き、設置者を明らかにせず無許可で放置する行為は、配慮を欠いていると言われても仕方がないかも知れない。船内の設備にも、配慮と共に「悪ノリ」したような記述がみられ、設置者の学生が貼付した立入禁止を知らせる張り紙には、「松美池アヒルボート「博士号」寄附事業 OB有志一同 (大学と協議中)」とあるが、これは学生生活課の説明と異なり、責任転嫁だとしたら許される事ではないだろう。とはいえ、消息筋からの情報を聞くに、水面下での計画の立案、スワンボート購入や加工に関わる相当額の費用の捻出、保守点検の準備、ステッカーの発注等からも見えるように、学生たちの熱意と実行力は壮大なものである。壮大な洒落は、ある種の壮挙とも言えるだろう。だが引っかかる部分も大いにある。今後とも、学生や関係者によって筑波大学がますます盛り上がる事を期待するが、大学や関係者に大きな迷惑がかからないよう、十分に考慮する必要もあるだろうし、例えば米国の名門大学等では良質ないたずらが恒例であるように、大学当局にも適切な対応を望まれたい。(あしやまひろこ)

※写真はすべて本ブログ管理者が撮影
※14:10 yutaka_53氏の証言を追記 10月18日0:05 管理者コメント訂正

ハロウィンだにゃあ!


10月31日はハロウィン! …ということで、仮装して大学に登校しました

お菓子をくれないといたずらするぞ♪

Halloween1101
ハロウィンだにゃん♪

衣装は元々持っていた謎の黒い衣装をベースに、ダイソーで買ったフェルトやモールなどを組み合わせて、前日に準備しました。
もちろん、猫耳や、猫手袋も自作です。

大学に着いて自販機に並んでいると、前にいた女子2人組から「かわいい!手作りですね!」「トリックオアトリート!」などと声を掛けらてドギマギw お菓子を持ち合わせていなかったので、手で×の字を書いて対応しましたw

某哲学の先生は事前に連絡が行っていた事もあり、ノリノリで対応してくださいました。そして、なんとなんと授業前に飴をくださいました(笑)。別のある哲学の先生は、猫手袋を付けた状態で手を上げて点呼に答えたところ、「おおっ」と驚かれていましたw 驚かせてすみませんでした。

また、スチューデントセンターへ伺う用事があったのですが、職員さんも温かく(ある職員さんは終始爆笑状態)対応してくださり…そしてお菓子をくださいました!
学内では社学の方が1人魔女の格好をなされており、1学でお写真を一緒に取って頂きとても感激でした!魔女っ娘さん、かわいかったなぁ。 図書館では、面識のない方からアルフォートを頂きました、日日の方だったようです。
その後、サークルに顔を出したあとで、あじよしさんでTBメンバーだった友達とお夕飯を食べました。

本当に皆さん、ありがとうございました♪ とても楽しいハロウィンでした。
※ちゃんと授業は真面目に受けていましたよ!

Halloween1102
ハロウィン大気君との記念撮影

※大気像君;大学構内にある銅像…コスプレが趣味(?) 多分有志によって、行事毎にコスプレをしている銅像です。