C85新刊『女装と思想』Vol.2詳細情報


新刊の詳細情報です

2013年12月31日、コミックマーケット3日目(火曜日)
場所は 西ま27b テクノコスプレ研究会

『女装と思想 Vol. 2』 
コミックマーケット85にて頒布 62頁 オフセット製本
(午前に売り切れた反省から、前回よりも多めに作りましたが、そこまで多くはありません… 実物はモノクロです)
josoushisou02h1


目次

特別対談「表現者・研究者としての異性装 ――我が目線を自分に反転する行為――」
by 日本大学芸術学部文芸学科准教授アミッドP、国立大学教員くとの、あしやまひろこ

-文筆家、大学教員としてはもとより、アミッドスクリーン開発者として、一般(とくに初音ミク界隈)にも広く知られるアミッドP。実は女装との意外な接点があった。今明かされるアミッドPの創作の原点、それは女装と深く関わっていたのである。アミッドP曰く「やっぱり最近のネットスラング的に言うと“美少女になりたい人生だった”みたいな(笑)」。

「女装コスプレで就職内定した身として」「公開!これがひろこちゃんのESだ!」
-女装は就活の強みとなるのか? 上場企業の役員面接に女装コスプレで挑んだ本人が明かす、就活秘話。そして、初公開となるエントリーシートの数々。女装者もそうでなくても、就活生、ビジネスパーソン必見。
by あしやまひろこ(筑波大学)

対談「アート・自己表現と女装」
-アート、表現の場における女装の意味とは? 女装をいかに戦略的に使い、あるいはセルフプロデュースにつなげるか。女装する動機とは。
by 水の人美(性癖コレクター) × あしやまひろこ

「「男の娘」の虚構「女装少年」の現実」
-男の娘、女装少年は何が違うのか。これは虚構を描く作品だからこそ、むしろ問われる問題である。女装関係の作品に精通した解説。
by あおみかん(エンジニア)

対談「筑波大はなぜ女装の聖地となったのか?」
-日本三大女装大学の一つ(?)、筑波大学の歴史を紐解く。最近のTwitter文化はもとより、筑波の地理的、文化的背景を分析すると、都内の大学とはおそらくちがった特徴が見えてきた。
by あおみかん × くとの × あしやまひろこ

「「女装」とデコまんについての雑感」
-男性の手から女性自身を取り戻す営為。それは女装とは相反する行為なのかもしれない。
by ろくでなし子(デコまん作家、まんコラムニスト)

「装うことと作ること」
-クリエーションとしての装い、そして創作の思想。分化する前の状態へと、初源の世界へと還ることができなくても、「装い」「作る」ことによって、世界は本来の輝きを取り戻すに違いない。
by くとの(博士(文学)、某国立大学教員)

編集委員:あしやまひろこ(編集長)、寝声、くとの

また、おまけとしまして
・ひろこちゃんブロマイド 水着女装、ビキニ女装 だよ!


・「モヤットスクリーン」、「天使の質量」その思想的背景及び、システム解説も頒布致します。

既刊の紹介はこちら

コミケ参加のお知らせ


12月31日のコミックマーケット3日目(火曜日)にて
新刊『女装と思想』Vol. 2及び、既刊であるVol .1を頒布致します。
場所は 西ま27b テクノコスプレ研究会 です。
今回は、手作りではなくオフセット製本なのでちょっと豪華ですが、お値段は頑張って安くしたいなぁと考えております。
詳細が決まり次第、再度お知らせ致します。

11月3,4日 初音ミク実体化 展示「天使の質量」のお知らせ。


11月3日4日に開催される、筑波大学学園祭雙峰祭にて展示を行います。
当日は、サンプル動画にあるスクリーンを3枚利用します。
YouTube Preview Image

天使の質量

ミクの「重さ」が顕れる。影を描き出す、初の試み…?

天使は「質量」を持つのか? 知性的存在である天使に関して、実体として重さを持つのかという疑問がある。例えば、これまでの天使初音ミクの「召喚」は、その姿を「光」として描き出してきたように思える。光は聖なるものに通じるが、それは、あまりにも天使的であるがために、光煌く存在として「質量」を失っていたのではないか。私は、仮想存在の「質量」「量感」を描き出す手段として「影」を用いてみようと思い立った。影が最も存在感を持つその瞬間、それは光の中に佇むその時である。 霧を充満させた巨大なスクリーンへ、天使の影を投影する。 そこには、確かに、キャラクタの質量が感じられるだろう。

※広告的な意味合いとして「初音ミク」を強調していますが、どちらかというと、聖なる存在、概念的存在の、無重力感を払拭し、どうにか地に足の着いた、重さのある表現として現実世界に呼び起こす事ができないか?という実験です。あと、個人的な趣味で、艦むすとか、GUMIちゃんとか召喚してます。

製作:あしやまひろこ
協力:くとの (SRSIV)

脳波実験協力者の募集


当ブログにて発表していました通り、女装に関する脳波実験について、協力者(被験者)の募集を行います。
調査に関してご指導くださっている教授との相談した結果、大学生・大学院生相当の年代の方にお願いすることとなりました。(18歳~25歳程度) 対象外の方すみません!m(_ _)m

調査の目的、研究概要に関してはこちらをご覧下さい
http://www.hirokotb.com/?page_id=523

日付:6月27日(木曜日)
時間:3~4限(12:00~15:00) ・ 6限~放課後(16:45~) のうち、都合の良い時間
(※1,2限なら可能という方はご相談下さい)
場所:筑波大学 人文社会学系棟

1回の測定は5分程度ですが、私が女装時・男装時の両方に参加していただく必要があります。(待合室で着替えまでお待ち頂いても結構です)

上記時間のうち、皆様の都合を見て、女装時・男装時の時間を決めます。参加できる時間をできるだけ多くご明記下さい。

実験内容としましては、協力者の方に、私(あしやま)が女装・非女装を行います。その両方の時に、胸や脚などに触れて頂き、その際の私の脳波を測定します。また、協力者の皆様に、どのような心境だったかを、簡単なアンケートに答えて頂きます。
アンケートや、私の脳波のデータは、協力者の名前を伏せた上で、論文・同人誌・ブログ等にて外部に公表致します。
謝礼をお出しすることはできませんが、待ち時間中のお茶菓子やお飲み物程度はご用意致します。また、ご希望の方には後日頒布する冊子等をプレゼントいたします。また、冊子等にお名前を記載したい場合は場合はお載せ致します。

参加ご希望の方は、6月25日迄、下記連絡先までご連絡下さい。応募者過多の場合は、先着または、抽選とさせていただく可能性がございます。ご了承下さい。
e-mail: hirokoas @ gmail.com または、 Twitter: hiroko_tb
 お待ち申し上げております。m(_ _)m

実施者:筑波大学 人文学類 あしやまひろこ

女装時の脳波測定予備実験に関してのレポート


6月20日、教授、院生、学群生の方のご協力のもと、脳波実験の予備実験を行いました!

IMG_1445
手にあるのは脳波測定キャップ
IMG_1441 IMG_1440 IMG_1439

実験内容といたしましては、私が女装、男装の2パターン×女性・男性・初対面の男性 が触るというものでした。測定器はNEC製です。分析ソフトは、キッセイコムテック製です。初対面の男性は、時間の都合で、女装時のみ実験を行いました。
まだ、母数も少なく、正確な結果では無いですが、脳波に一定の傾向がありそうなデータが出ました。実際の実験はより精度が出るようにしたいと思いますし、別の分析方法がないかを更に調べたいと考えます。また、触る側の心理状態の変化がとても大きいようでした。そのため、その時の心理状態をアンケートとして実施し、心理調査としても意義のあるものになればと思います。

r6001r600
出現した波形データ(生データをFFTし、成分を分けたもの)

この実験は、筑波大学 一般言語学研究室 のご協力の元行なっております。関係者の皆様の多大なるご協力に、心から御礼申し上げます。

脳波測定器の利用許可について


女装拡張身体論の実証実験に光が見えました!
先日、懇意にしてくださる教授に脳波測定器の利用が可能かに関してご相談したところ、快諾して頂けました! 今週、院生の方もサポートしていただけるそうで、予備実験を行う予定です。 予備実験の結果によりますが(予備実験の結果、実験不能と判断された場合は本番は行えないこととなります)本番の実験は6月27日、7月4日、7月11日のいずれかで行う予定です。
研究の概要はこちらです。

また、実験にご協力してくださる方を募集しております。
※上述の通り、日程の正式決定は後日で、かつ、開催付加になる可能性があります。
私に関して、既知の男性・女性・その他 未知の男性・女性・その他 の方からの接触に関する反応を見たいと考えております。内容としては、私、私以外の被験者のつけた偽胸、そのままの胸に触っていただきます。実名の外部への公表は一切いたしませんが、個々の方へユニークIDをふり、それに対する被験者(私等)から取得したデータを公表致します。データはすべて、私の所有とし、利用に関して承諾して頂きます。
場所は筑波大学、交通費等はご提供できませんが、後日、完成したレポート冊子をプレゼント致します。応募が多数の場合は、抽選となりますのでご了承下さい。
ご連絡は @hiroko_tb または mail : hirokoas(@)gmail.com まで。

週刊アスキーに、私の記事が掲載されます。男の娘身体論についても!


週刊アスキー2013年6月18日号(6月11日発売)内、「中の人」特捜部のコーナーに、私あしやまひろこが特集されます。
モノクロ2ページですが、先日のニコニコ学会の発表の裏側?なども掲載。よろしければ是非ご購入を!

http://ascii.asciimw.jp/books/magazines/wascii.shtml

足利ひめたま痛車祭06に参加しました!


2013年6月2日の 足利ひめたま 痛車祭に参加致しました。
※出先から編集していますので後日記事の追加をするかもです!
写真提供:ケーゴさん(@llpkei

itasha06 (1)300台を超える参加台数、参加者数は圧巻!

itasha06 (5) itasha06 (6)

今回も痛車の調査を行いました。アンケートにご協力下さった皆様ありがとうございました!

itasha06 (2) itasha06 itasha06 (3)

ささらさん(@sasara_t)のラブプラス制服をお貸しいただいて、プチ撮影会!
ひろこちゃんはみんなのカノジョだよ♡

【2014新卒】私を採用しませんか?【特異な人材】


先日、某社にエントリーするに際して、履歴書とは別にA4二枚で自由に自己をアピールして下さいとのことだったので、1枚はひろこちゃんの活動を全面的にアピールしてみました。
本人はいたってマジメです。
筑波大学 人文・文化学群 人文学類 2014年03月卒業予定。健康優良児。

jiyuu

もう一枚は学術調査に於いて、査読有りの学術雑誌に論文が掲載され、旧帝大のリポジトリにその論文が収録されるというエピソードを書きました。気になる!という方は直接ご連絡下さい。

これをご覧の企業の皆様、ひろこちゃんに興味が出たら是非ご連絡くださいませ(はーと)

※9/25 追記
無事内定を頂きました。それも、だいたいこれと同じようなESを提出して採用されました。
詳しくは http://www.hirokotb.com/?p=961 で。

VOCALOID QRITIQUE Vol.06 へ寄稿いたしました


白色手帖さん発行の『VOCALO CRITIQUE Vol.06』に寄稿いたしました。
タイトルは「天使・永遠の歌姫・初音ミク」です。

頒布予定はサークル「白色手帖」さんの方でご確認下さい。
2012.12.15  THE VOC@LOiD M@STER 23 – え29
2012.12.15〜 とらのあな(委託)
2012.12.31  コミックマーケット83 – 西き44a

http://vocalo-critique.blogspot.jp/2012/12/23-vocalo-critique-vol06.html

特集 VOCALO feat. TSUKUBA
No.01 歌声合成文化の発展をリアルタイムに楽しめる幸せ – 後藤真孝
No.02 vocarus 自動コーラスパート生成システムの開発について – まてぃー
No.03 電子の海に“歌姫” を探して – 夢見亭くんぺー
No.04 天使・永遠の歌姫・初音ミク – あしやまひろこ

No.05 ボカロPの同時多発的誕生と21世紀のブリル・ビルディング論 – 遊井かなめ
No.06 CGM は儲からない – 芝尾幸一郎
No.07 ボカロP ライブの出演者は、もうボカロは必要無い!?
– アカサコフ・セルゲイ(にいとP)
No.08 パンクアイコンとしてのVOCALOID – Plutonius(ハヤカワP)

ということで、筑波特集に寄稿させて頂きました。
ミクさんマジ天使!