女の子の匂い香料「女子大生10号」ニコ超にて頒布


onnnanoko

4月25、26日の、ニコニコ超会議 ニコニコ学会βブース にて、
女の子の匂いを再現するプロジェクト「女の子ホムンクルス計画」の中間成果物である、「女子大生10号」香料を数量限定、少量頒布します(個人で調合しているので数が作れません)。

「女子大生10号」の説明

・成分は、合成麝香(ムスク)、合成竜涎香(アンバーグリス)、没薬(ミルラ)等をベースに、各種花卉のエキス、体臭に含まれる匂いに近い匂い等の、天然・合成香料等をオリジナルに調合しました。香水に一般的に使われるオイルの他、一般的に香水には用いられない香料も含まれます。
・基本的に市場に流通している香料を利用しており、人体に害のある成分は含まれておりませんが、肌に直接付けることは想定しておらず、香料の試験品として利用してください。ティッシュペーパーや、人体に直接つかないように、衣服に付ける等して芳香を確認して下さい。

・一般的な香水のレシピ(トップ・ミドル・ベースを適量配合したもの)とは異なりますので、香水そのものとして利用するのは適当ではありません。
・香りの方向性は甘いですが、酸味や、皮脂っぽさの匂いがします。

一般3000円。
学生価格2500円。(18歳未満または、学生証提示の場合 ※博士後期は除く)

注意:
本品は研究開発用途です。それ以外の用途での利用には一切の責任を持ちません。
製造者本人(あしやま)が利用した分には、特に問題はありませんが、これは安全性を示すものではありません。第三者に使用させる場合は、本品に関する適切な情報を開示し、適切な同意を得た上で使用させて下さい。

onnnanoko2 onnnanoko3また、通称「ゆかり温泉」の際にも調合した香料を利用しましたが、その時の着想を大事にしつつ、先の「女子大生10号」をベースに、紫のイメージで新規に制作した、「ユカリ13号」香料も少量頒布します。「ユカリ13号」の価格、注意事項も「女子大生10号」に準じます。

脳波測定器の利用許可について


女装拡張身体論の実証実験に光が見えました!
先日、懇意にしてくださる教授に脳波測定器の利用が可能かに関してご相談したところ、快諾して頂けました! 今週、院生の方もサポートしていただけるそうで、予備実験を行う予定です。 予備実験の結果によりますが(予備実験の結果、実験不能と判断された場合は本番は行えないこととなります)本番の実験は6月27日、7月4日、7月11日のいずれかで行う予定です。
研究の概要はこちらです。

また、実験にご協力してくださる方を募集しております。
※上述の通り、日程の正式決定は後日で、かつ、開催付加になる可能性があります。
私に関して、既知の男性・女性・その他 未知の男性・女性・その他 の方からの接触に関する反応を見たいと考えております。内容としては、私、私以外の被験者のつけた偽胸、そのままの胸に触っていただきます。実名の外部への公表は一切いたしませんが、個々の方へユニークIDをふり、それに対する被験者(私等)から取得したデータを公表致します。データはすべて、私の所有とし、利用に関して承諾して頂きます。
場所は筑波大学、交通費等はご提供できませんが、後日、完成したレポート冊子をプレゼント致します。応募が多数の場合は、抽選となりますのでご了承下さい。
ご連絡は @hiroko_tb または mail : hirokoas(@)gmail.com まで。

人文学類HPに私の記事が掲載されました


筑波大学 人文学類のHPに、ニコニコ学会β第4回大会 研究者マッドネス 妄想の部 にて座長賞を受賞したことに関して掲載されました。
http://tsukubajinbun.jugem.jp/?eid=13

20130611_324047

他の記事としましては、前回ブログ記事の、週刊アスキーや、
ねとらぼさんに掲載されております。
研究の概要・中間報告はこちらにて。夏コミ(2日目Q29b)にて、研究についての同人誌を発行する予定です。

ニコニコ学会 研究者マッドネスに応募中です 【女装拡張身体論】


ご推薦いただき、ニコニコ学会の研究者マッドネスに応募致しました。

タイトルは 「女装拡張身体論 ~男の娘の偽乳は本物のおっぱいなのか?~」 です。
簡単に紹介しますと、女装をした時の偽乳にも身体感覚が伴うため、この偽乳は、ある意味本物の身体なのではないか?という事を実体験にもとづいて研究したものです。

このセッションは投票制でして、得票数が多いと発表することができます。
もしも、ひろこちゃんの発表が聞きたいという方がいらっしゃれば、
No.19『女装拡張身体論 ~男の娘の偽乳は本物のおっぱいなのか?~』あしやまひろこ
↑ページの投票フォームより、ツイートボタン、またはいいねボタンをクリック下さいませ。

研究内容の詳細はこちら